img-1

ダイエットと体重の減少グラフ

ダイエットを行う場合、体重の変動を記録しておくといいというのはよく言われることです。
理由としては、励みになるというのがまずあげられますよね。


一週間ぐらいでは、あまり減っていないように思えても、真面目にダイエットを続けていれば、一カ月とか数カ月という期間で見ると、折れ線グラフであれば体重の線はちゃんと下っていくはずです。これを見ていれば、ダイエットをこのまま続けていけば、ちゃんと体重は落ちていくと勇気づけられますし、今月はこれだけ落ちたから、来月はこれだけ落とそうという風に目標も立てやすいでしょう。


しかし、あまりにもグラフにこだわると、停滞期の時にきつくなることがあります。停滞期というのは、ダイエットには必ず訪れると言われるもので、ちゃんと節食しているのにどういうわけか体重が減らなくなります。

カロリーで言えば、基礎代謝に必要なカロリー以下しか摂取しなくても、体重が変わらないということがあります。

食べないのに落ちないので、停滞期というのはダイエットをしている人にとって、出来れば来てほしくない現象と言えるでしょう。


しかし、グラフをつけていると、定期的に来ることがわかるはずです。体重が減らないというのを確認する形になるので、非常に焦ります。

たとえば、せめて500グラムぐらいは減って欲しいので、絶食すれば落ちるだろうとか、減量するボクサーのように水分の摂取も制限すれば落ちるだろうなどと考えてしまうことがあります。
確かに短期的に言えば、これらのことをすれば停滞期であっても体重は落ちるでしょうが、長続きさせることは出来ないですし、極端なことをすると、反動で、昨日絶食したんだから、今日はこれぐらい食べても平気だろうという風に過剰にカロリーを摂取してしまい、リバウンドしてしまうということも考えられます。


停滞期の時は、体重の減少はないですが、食べるとしっかり増えることはあります。

なので、ダイエットをしていて停滞期が来たら、あえて体重をはかるのをやめるというのも一つの手だと思います。

銀座のレーザー脱毛の比較の情報探しはこのサイトから初めてください。

脱毛の評判の基本知識を紹介しています。

今までになかった東京の発毛の評判のクチコミ評価が高いです。

池袋の医療脱毛の分かりやすい情報はこちらです。









関連リンク

img-2

高齢者の増加で補聴器を必要とする方が増えている

高齢になると多くの方で耳が聞こえにくくなるといったことを実感されます。老化現象として自然に起こるものもあれば、突発的なものや病気の後遺症として発症するものもあります。...

more
img-3

ダイエットで重要なのはきっかけ

私は中学3年生の女の子である。見た目のことが気になってしょうがない年頃の娘である。...

more