会社設立代行サービスはどんなサービス

自分でその手続きをするより会社設立の代行サービスを利用した方がコストを抑えられるかもしれません。

士業などが代行サービスを行っています。司法書士や行政書士などのことを士業と呼びます。会社設立を行う場合、事業目的や資本金額、住所などを記した定款と呼ばれるものの認証手数料や謄本代、印紙代がかかりますし、登録免許税という税金も払わなければなりません。

銀行口座を開いたり、店舗や事務所を借りたりする際に求められることもある、謄本や印鑑証明書のコストもかかります。紙ではなく電子定款の場合、印紙税の課税対象外ですから印紙を貼る必要はありません。ただし、自分で会社設立するのであれば電子データ作成ソフトの代金がかかります。

代行サービスを利用すればソフトはその業者が用意してくれます。その分のコストを抑えられるということです。代行サービスを利用するメリットはまだあります。節税方法を教えてくれますし、会社設立時の特典に関する情報も得ることができるでしょう。給与所得の控除は節税効果が高いです。

また、法人にすれば消費税は免除されます。さらに事業目的を決める際に考慮しなければいけないのはどんなことか、商号を決めるにあたって気をつけた方がいいことは何か、どこに本店を置けばいいかなどの情報も得られます。

どんな司法書士や行政書士に依頼すればいいのでしょうか。不安なこと、また依頼料などに関して聴いた時、明確に答えた士業に頼むといいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *