会社設立の鉄続きは代行会社に依頼すれば効率的です

会社設立手続きは、企業を志した本人がみすから行うことはもちろん可能です。

自分の会社だから設立の手続きも自分の手でやりたいと考えるのは、ある意味自然な感情かもしれません。ただ、人によっては本業に専念したいので手続きには時間をとりたくないとの思いを持っていることもあるのです。昨今は会社設立を代行してやってくれるところが増えてきました。

自分で会社設立の手続きをするときには、いろいろな注意点が出てきます。専門的な知識がないと、書類作成の上で必要な情報を調べために時間がかかりますので、計画しているとおりに設立が進まない恐れがあります。膨大な量の書類を準備しないといけませんので、このことにも非常にエネルギーを使うこととなるのです。

もし、書類が不足していたり内容に間違いがあったり、あるいは許認可の申請漏れなどがあったりすると、その手続をやり直さなければなりません。そして、情報不足により、制度として認められている創業時に受けられる公的支援などが受けられなくなることがあるのです。

代行会社に依頼すれば、業務内容には詳しい税理士が在籍していることが多く、すべてを任せることができるのです。大量の書類作成も窓口への申請も、すべて代わってくれますので時間の節約になってきます。

また定款の原稿作成にあたっても、専門家ならではのアドバイスをもらうことができます。代行会社への手数料は発生しますが、たとえば会社設立されてからの顧問契約を条件に、設立手続きの代行は無料で引き受けてくれるところも少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *