会社設立は代行業者に依頼が便利

会社設立の代行業者は、会社立ち上げにおいて登記など必要な書類の作成や申し込み手続きなどをおこなったり、さらに定款などにアドバイスをしてくれたりします。

会社設立を考えている人はほかにもさまざまに準備することがありますので、設立に関する書類作りや提出をおこなってくれる業者は、時間の短縮にもなりますので非常に効率よく進める手助けになります。さらに会社設立に必要な定款は、紙を使って作成する方法と電子定款でする二通りの方法がありますが、紙を使うやり方の場合印紙が必要ですので、この印紙代に4万円ほどかかります。

ですが電子定款の場合には印紙は必要ありませんので4万円の節約になります。それなら個人で手続きをする時にも電子定款でおこなえばよいのではないかと考えるかもしれませんが、電子定款でするためには専用のソフトおよびハードウェアやそれなりの知識が必要になりますので、わざわざそれらを用意するほうが割高になるため、紙を利用することになります。

代行業者はきちんと保有して電子定款を行うところが多いですので、そうした代行業者に依頼すれば印紙代もかからずにすみます。代行業者の中には行政書士や司法書士だけでなく税理士が在籍しているところも少なくないので、会社設立後、税理顧問依頼することもできるというメリットもあります。会社設立はできるだけ費用をかけずにスピーディにおこなえるかが重要ですので、個人でおこなうよりメリットの多い代行業者をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *