色々な会社設立を代行してもらうメリット

行政書士など専門家に会社設立を任せることができます。

専門家であれば必要書類を迅速に作成してくれますし、記入ミスや漏れもないでしょう。自分で書類を作成することもできますが、ミスや漏れがないものを作成するのはなかなか大変です。建設業務の認可や宅建免許の申請手続きも行政書士に代行してもらえます。他に派遣労働に関する認可手続き、外国人の就労や帰化の書類作成など、幅広く代行してくれるでしょう。

事業内容などを記載する定款の作成を頼む人も多いです。CD-Rなど電子媒体による電子定款を作るにあたってそのソフトが要ります。自分で作成する場合、もちろん自分でソフトを用意しなければいけませんが、専門家に依頼した場合はその事務所のソフトを使うことができます。知識や経験のない人が電子定款の認証手続きを行う際、ソフト代が50.000円ほどかかるだけでなく手続き作業に思ったよりも時間を取られるでしょう。

電子定款の認証を含めて会社設立にかかる時間は50時間~100時間にもなります。行政書士、もしくは司法書士や税理士などに会社設立を任せれば、その時間を行う業務の取り引き先との話し合いなどに充てることができます。なお登記代行が可能なのは司法書士だけです。

専門家に会社設立を任せるメリットはまだあります。例えば会社設立時の特典など様々な情報を提供してもらえますし、分からないことがあった時に聞けば丁寧に答えてくれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *