会社設立を代行に依頼すれば時間も費用も助かります

会社設立の手続きは登記をすることでもって完成いたします。

しかし、その手続きは量の膨大さもさることながら、相当に詳しい知識を持っていないことには進められないほどの難渋さがあるのです。そこで、手続き一式をアウトソーシングするために、代行会社に依頼するという手法がよくとられます。主に税理士事務所や司法書士事務所が立ち上げている会社設立の代行サービスのことです。

代行会社を使うことで、手続きにかかる手間がほとんど不要になってしまうというのが最大のメリットと言っていいでしょう。もちろん定款の内容に関して発起人が原稿を考える必要がありますが、ほかの事務作業的な部分はすべて一任してしまうことが可能となります。

書類作成と提出の手間がなくなるだけで、実に多くの時間が生まれてくることになります。経営者として考えなければならないことが山ほどあるのですから、そちらのほうにエネルギーを注ぐ時間ができます。さらに、会社設立手続きにかかる費用を軽減することも可能となるのです。

代行作業を依頼したら手数料が発生するのは確かですが、定款の電子認証をすることによって印紙代の4万円が不要となってきます。自分で電子定款を作りたいと考えても、専用ソフトやツールを持っていないのが通例でしょうから、それを買い求めると約4万円の費用が発生します。

すると印紙代で浮いた4万円の効果が消えてしまうのです。代行会社であれば、当然ながら電子定款作成の環境は整っていますので、無条件に印紙代の4万円の節約ができることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *