会社設立を代行会社に依頼する事例が目立ちます

会社設立をするとなると、その手続きに非常に多くの時間を投入することとなります。

もちろん定款の中の重要事項の決定などは自分でやるべき事柄ですが、手続き書類の作成や届け出などの事務処理のすべてを自身の手でやるとなると、それこそ体が幾つあっても足りません。そもそも会社設立の時期というのは、事業内容の詳細検討や販売先の開拓などのように、優先的に取り組むべき課題でもって忙殺されているはずです。

そんな多忙なときに膨大な時間を要する事務処理に時間とエネルギーを奪われるのは本末転倒と言わざるを得ません。昨今では、会社設立手続きを代行会社に依頼する手法がよく使われるようになったのです。手続きを専門家に一任することで、煩雑な書類作成の手間や届け出の作業から解放されることとなります。おかげで、本来の職務に集中する時間が確保されますから、時間をコスト換算すると極めて大きな経費削減につながるのです。

時間だけではなく、実際の経費でも安くつくことがあります。代行会社に依頼すると、会社設立には不可欠な定款を電子データで作成してくれるのです。電子定款であれば印紙代の4万円が不要になります。一個人が電子定款を作るとなると、専用のソフトや機器を購入しなくてはなりませんので、コストダウン効果は得られないのです。

また代行会社に頼めば、定款や設立登記において決定しなければならない事項について、さまざまなアドバイスを受けることができます。自分でよくわからないまな安易に決めて、後日、後悔することのないように、しっかりとした助言が得られるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *