会社設立はプロの代行でスムーズそしてお得

新たに設立する会社の事業目的や社名が決まり、資金の目処が立ったら会社設立の手続きを行うことになります。

現在ではパソコンであらゆる書類を簡単に作ることができますので、会社設立手続きもご自身で行うことは確かに可能です。インターネット上に定款をはじめとする各種の書類のひな型も準備されていますので、ちょっと調べれば必要な書類を作成することも十分にできます。

しかし、それによって損する可能性もあるのでご注意ください。定款は会社設立のプロ(司法書士や税理士、行政書士など)に代行してもらうことで、さまざまなメリットがあります。すぐに想像がつくとは思いますが、プロに代行してもらうことでミスのない手続きが可能になります。予め計画したとおりに会社を設立できるため、事業もスムーズに開始することができるでしょう。プロに任せることで事業準備に専念できることも大きなメリットです。

また、代行を依頼する事務所が電子定款を導入していれば料金までお得になります。定款を電子化することによって4万円の収入印紙代を節約することができるからです。プロに会社設立を依頼すれば報酬を支払わなければなりませんが、最近では業界の競争がはげしくなっていますので、この報酬額も低価格化しています。一万円以下の報酬で会社設立代行を行う事務所はたくさんありますので、依頼した方がお得になることは間違いありません。ちなみに電子定款による手続きは自力で行うことも可能ですが、電子認証機能が付いたPDF変換ソフトやICカードリーダライタが必要です。

これらをご自身で準備すると印紙代の4万円に近い費用がかかりますのでお得感が減少します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *