会社設立を代行してもらうメリット

行政書士や司法書士など士業を行っている専門家に、定款作成や機関設計などを含め会社設立の複雑な作業の代行を頼むことができます。

また、設立後にサポートもしてくれるでしょう。必要があれば他の専門家と連携して事にあたってくれますし、様々な情報や知恵も授けてくれます。例えば行いたい事業が認可事業であるにも関わらず定款に記載欄がなく、要件は満たしているのに認可が下りないという場合、建設業を行うのに500万円以上資本金を用意する必要があることを知らずに会社設立したために認可が下りないという場合、行政書士などに相談してください。

資本金の不足で予定していた融資を受けられないといった時も、どうしたらいいか聞いてみましょう。紙媒体ではなく、印紙税が課せられない電子の定款についても聞けばていねいに教えてくれます、その作成をする機材も貸してくれます。機関設計も重要です。行政書士などはノウハウを持っていますから、スムーズに運営することができるように機関設計をしてくれるでしょう。

専門家は融資を受けられそうな金融機関探しを代行してくれたり、他の相談に乗ってくれたりもします。自分で認可や申請の仕方や業界の情報などを調べて、会社を設立することもできます。ですが、その書類の記入漏れやミスを役場で指摘されれば、書類を書き直さなけなりませんし、また役場に行かないいけません。会社設立を代行してもらえばそうしたことは起こらないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *