会社設立代行で手続きを効率化

会社設立にあたっては法務局で設立登記を受ける必要がありますが、そこに至るまでの手続きはなかなか複雑な部分があります。

まずは発起人が定款とよばれる書類を作成して、認証を受けたあとでなければ登記申請もできません。定款には会社の商号や設立の目的、本店の所在地などの事項を盛り込まなければならず、その項目自体も法令で決まりがありますので、間違いのないようにすることがたいせつです。

定款は公証人役場に行って認証をしてもらいますが、事前に打ち合わせをしておくなど、何度か出向く必要もあります。このような手間を考えれば、最初から会社設立代行のサービスを利用しておくのも効率化に向けた方法のひとつです。

会社設立代行サービスは行政書士や司法書士などの有資格者の事務所で募集していることがありますので、ホームページの記載内容などをよく確認して、信頼ができるところに依頼をするのがよいといえます。

法律にくわしい有資格者ですので手続きを正確かつスピーディーにすることができ、個人で試行錯誤しながらよりも当然ですが満足度は高いはずです。会社設立代行のサービスを受ける上では費用がいくらかかかるのは事実ですが、その費用はたとえば電子定款の活用などで削減することが可能です。電子定款は紙の定款をPDFファイルにしたものを指しますが、紙ではないので収入印紙を貼る必要がなく、その分の費用をすべて削減することができるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *