会社設立には代行サービスを利用しよう

会社の設立のためには多くの手続きが必要です。

それに開業する際には、さまざまな事柄を決めなければなりません。会社の名前である商号はもちろん、事業目的や本店所在地などこまごまとしたことまで決めなければ会社設立は成立しません。これらの事柄は会社の規則の下地となる定款にすべて記載します。

定款の作成は会社設立のための通過点です。そのためこれら以外にも他の手続きがもちろん存在します。これでは開業までの時間があまりにもかかりすぎてしまいます。そんな困り事を解消するために存在するのが、会社設立代行サービスです。

会社設立代行サービスとは、文字通り会社設立の法的手続きやそれに伴う書類収集・作成を代行してくれるサービスです。サービスの会社には司法書士や行政書士などの専門家が所属しています。彼らにとってはこれらの手続きは日常的なことですから、記入のミスや不備をすることがありません。

依頼主はサービス会社から送信されてくるメールの質問事項や、書類を返却するだけでいいのです。早ければ一週間程度で会社の設立までを行ってくれます。もちろん費用はかかりますが、時間や手間を考えると非常にメリットが強いといえるのではないでしょうか。さらに定款は、電子定款にすることも可能です。

電子定款には収入印紙を貼り付ける必要がありませんから、紙の定款より手頃な価格で作成が可能となります。こういったことまで考えると、代行サービスに依頼したほうがメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *