会社設立の代行とはどのようなものを言うのか

会社員を行っていると一度は自分で会社を運営したいという希望を持っている人は少なくありませんが、会社設立には公的機関に提出するための手続きが必要になるため、その手続きを疎かにしては会社設立はできません。

この手続きは法律の改正で簡素化されていて、以前と比較するとやりやすくなっています。まず会社の基本的な方針や規則などを定めた定款というものを作成しなければならず、作成したものを公証役場に提出して認証してもらい、その認証されたものを持って法務局で登記申請した後に規定されていた資本金を入金すれば会社設立での公的な手続きは終了します。

しかしここで問題になるのは公証役場での認証であり、作成された定款が法律に則った書式でなかったり間違えていれば訂正を求められ、この訂正箇所がなくなって認証してもらうまでが時間と手間がかかるため、会社を立ち上げる際の足かせになっているのは間違いありません。そこで早期に会社を設立したいのであれば、このような書類を作成するプロである行政書士に代行するという方法がいいでしょう。

この定款というのは別に関係者が設立しなければいけないという義務はないので、代行で作ってもそれを発起人が了承すれば問題なく提出できます。この代行で行政書士に依頼するメリットというのは経験的に慣れていて、どのような作り方をすれば認証を受けるのか熟知しているので会社設立が早くできるということです。誰でも会社を作って運営するなら一日でも早く行いたいと望んでいるのですから、経験がなくて不慣れな定款の作成は行政書士に依頼して代行してもらうのがおすすめだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *