会社設立の代行を依頼する先

会社設立の代行を依頼するときには、この業務に手慣れたところに依頼を行うことが大切です。

特に行政書士と司法書士などでこの業務を専属的に行ってきたところが望ましいとされています。経験で埋められるものは大きく、あまり問い合わせたりする必要がありませんから、その分だけ諸事楽に物事が前に進みやすいです。ただしその会社設立で行う事業が福祉などの場合は、代行時に注意を要します。

介護保険などの福祉や建設業といったものの中には、定款及び登記簿謄本で明記されていることを条件に許認可がされるものがあります。これらはその文字文言までチェックされますので、事前に担当する役所にて話を聞いておく必要があるものです。ただ単に定款や登記が完了すればいいとは限らないため、あらかじめ役所にてチェックを受けることが重要となります。

ただ制度が発足してかなりの年月が経過した今、行政書士も司法書士も同じような会社設立の代行申請を多数受けてきた経験はあり、その経験で対応が出来る場合も多いです。それでも役所への確認が必要な場合はあるため、士業側でいいとは言われたとしても、担当する役所で確認を行うことが大事となります。

また法人登記が完了した後に行うべき届け出類も、その対応をしっかりと行う必要がありますから、依頼先を事前に決めておき契約を取り交わすなどの対応も大切です。登記が完了次第、速やかに届け出られるように依頼を行うことが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *