電子定款の作り方メリットとデメリット

会社設立の際には定款を作成する必要があります。

定款は会社の目的や業務、組織等の会社の基本規則を江に記されているかどうかで法的効力が大きく含まれる内容が含まれていて、会社設立の手続きの際には必ず作成し・認証されなければならないものです。以前は紙面による定款のみでしたが、インターネットが広く使われるようになって、PDF化された電子定款が認められるようにうになりました。PDFファイルによる電子定款を利用することの一番のメリットは、紙面での定款作成時に必要な印紙代がかからないことです。

印紙税法からすると電子定款は文書扱いにならないために、収入印紙4万円が不要になります。また、作成・認証の時間的経済性もあります。デメリットは、電子定款での作成・認証に機材や専用のソフト等が必要になることです。PDFファイルの作成をするときは電子署名が必要なのでそれが可能なソフトが必要でAdobeAcrobatなどのソフトを購入しなければなりません。経費は数万円もかかります。ICカードリーダーや住基カード、電子証明書なども必要です。

住民基カードもしくはマイナンバー個人カードをつくることも必要です。AdobeAcrobatなどのソフトやカードリーダライタ等の機材を持っていない場合には4万円の印紙代相当額を超えて経費がかかってしまいます。さらに、電子定款の認証でも紙面の場合と同じように公証役場まで電子認証を貰いにいかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *