電子定款作成に必要なもの

電子定款作成に必要なものですが、あまり一般的とは言えないものもあります。

自分で用意するしかないものもありますが、機器やアプリケーションであれば共有可能なものもありますし、購入するとかなり高額になったりもしますので、専門家に相談してみることも一つの方法です。まずは電子署名を付すことができるPDFアプリケーションが必要です。一般のAdobeAcrobatではPDF化は可能でも電子署名を付す機能はついていません。市販されてはいますが、あまり需要がないために価格は数万円程度はするようです。

また、電子定款に実際に電子署名を付すためには、電子署名データと、そのデータを当該アプリケーションに転送することができる機器が必要になります。電子署名データについては本人に固有のもので、これはマイナンバーカードにそのデータを組み込んでもらうことができるようになっています。役所への申請が必要です。そして、その電子データをアプリケーションに転送するための機器としては、ICカードの読み取り装置のようなものを思い浮かべてもらえばよいでしょう。

これによってマイナンバーカード内の電子署名データをパソコン内に取り込み、電子署名として付すことができるようになります。電子定款を作成するためには、紙の定款作成の場合には必要ではなかったこのような機器、アプリケーション類が必要になってきます。意外な出費になってしまうかもしれませんので、注意が必要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *