電子定款の作成について

電子定款とは定款を電子化したものですが、そもそも定款というのは会社設立時に必要とされる文書で、その会社の基本的事項を明記したものです。

従来は紙で作成するしか方法がなかったのですが、今では電子的に作成することが認められています。電子定款にすると、紙の定款のときに必要とされる収入印紙を貼付することが免除されるため、それだけ安い費用で定款を作成することができるようになります。ただ、電子定款は頭の中でぱっと考えるほどには簡単なものではありませんので、注意は必要でしょう。電子で作成すると言っても、単にワードで文章を打てばそれで良いというようなものではありません。

パソコン1台あれば、内容的にはともかくとして体裁としては誰でも作れるというようなものではないのです。例えば、紙の定款には捺印が必要です。会社の基本的事項ですから、誰かが勝手に書き換えたりしては困るからです。ワードで作成した文書では、誰でも自由に書き換え、修正ができてしまいます。

確かにワードでは修正履歴を残すことも可能ですし、最終変更日時が記録されるようにはなっていますが、履歴を残さないようにすることも可能ですし、最終変更日時が分かったところで勝手な書き換えが起こらないという保証にはなりません。要するに、紙に書かれており容易なことでは修正などできず、捺印されている文書と同じようなレベルのものが電子の場合でも求められるということで、それを達成できるようなアプリケーションが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *