会社の設立と電子定款

会社の設立時には定款の作成が欠かせませんが、これは紙で作成することが必須ではなく、電子定款として電子的に作成することができます。

ただ、電子定款には誤解も多いので、気をつけておきましょう。例えば、紙での作成とは言っても、今の時代に一から紙の上にペンで定款を書いていくケースはまず皆無でしょう。実態としてはまずワードなどのソフトを使ってパソコン上で文書を作成し、それをプリントアウトしているはずです。では、電子定款とはこのようにワードで作成した文書をプリントアウトせずにそのままパソコン上に電子ファイルとして残しておくことで足りるのかというと決してそういうことではありません。

そもそも紙に印刷するなどの方法が認められている理由の一つは、容易なことでは追記や修正ができないというか、そんなことをすれば誰が見てもすぐに分かってしまうためです。鉛筆書きの定款などは認められませんが、それは追記や修正を痕跡を残さずに行うこともできてしまうからです。ワードなどの電子ファイルの場合は、容易に追記や修正ができないとか、そんなこをすれば誰でも容易に分かってしまうなどということが達成できません。

これを達成するためには例えばPDF化などをする必要があります。また、紙の場合には印鑑を押すことが求められていますが、これと同じことが電子の場合でも求められます。電子的な押印の仕組みというものがあり、これを取り入れることが求められているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *