会社設立時の電子定款とは

会社設立時には定款が必要になりますが、これは紙での作成が必須であるわけではなく、電子定款という形で電子的に作ることも認められています。

ただし、基本的な物の考え方として、紙で求められている事柄は電子で作成するであっても同等レベルのものが求められるということがありますから注意しなければなりません。もちろろん紙と電子とでは物理的に異なるものですから全く同じものは不可能ですが、同じレベルのものが求められるということです。例えば、紙の定款には印鑑を押印することが求められています。これに相当するものが電子定款であっても求められるのです。

ちょっと考えると、紙の上に本物の印鑑を押印し、それをPDF化するなどすれば電子的な印鑑になるのではないかと思われるかもしれませんが、これは電子定款としては認められません。印鑑については電子的な方法で付す必要があるとされています。電子的な方法で印鑑を付すというのは一体どういうことか、どんな方法になるのか検討もつかないという人がほとんどでしょうが、これは電子署名と呼ばれるものです。

本人固有の電子データを、署名したい電子ファイルに紐付け、通常の方法では切り離すことができないようにすることで印鑑の役割を果たさせるものとなります。本人固有の電子データというのは自分で勝手に作ったりできるようなものではありません。マイナンバーカードが実はこの役割を果たせるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *