会社設立に必要な定款を電子定款で作成

会社を設立する上で必要になる定款ですが、PDFでも作成することが簡単です。

PDF化してデータで定款を提出することも可能で電子定款と呼ばれています。PDFを提出する時には、代表者が作ったものであることを証明するために電子証明書が必要になってきます。電子定款を作るには紙で作る定款と同じように、事業目的や取締役会などのについて記載が必要です。定款が決まったら、それを電子化して電子定款にします。PDFソフトをパソコンにダウンロードして、PDFを作成するのです。

定款に電子署名を入れるために、法務省の申請用総合ソフトとPDF署名プラグインをダウンロードします。そして電子証明書を利用する上で必要になるソフトもダウンロードするのです。これらのソフトを使用して、ICカードリーダライタをパソコンにつないでマイナンバーを読み込みて電子署名を入れることができたら電子定款の作成が終了です。

電子定款の作成には専用のICカードリーダライタが必要になったり、専用ソフトを数多くダウンロードしなくてはいけない手間が発生しますので、代行会社を利用して簡単にすることもできます。代行会社を利用すると、電子認証を行政書士に依頼することが可能です。印紙代がかからない方法を使えば、3万5千円を節約することもできますので、格安に会社設立もすることができます。会社設立には他に必要になってくる手配も多いですので、効率的に進めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *