電子定款のメリットとデメリット

電子定款とは、電子データで認証を受けた定款のことをいいます。

定款とは、会社を作るときに必要となる文書で、これから作ろうとしている会社の目的・組織・業務といった根本原則が記されているものです。従来は、この定款は紙媒体で作られていましたが、近年、電子データにより作成されることも増えてきました。定款を電子データによる「電子定款」の形で作成するメリットは、会社設立にかかる費用を抑えられることです。契約書など経済的取引に伴って作られる文書は印紙税法によって課税されます。

定款も例外ではなく、紙媒体にて定款を作成した場合は4万円の収入印紙を貼り、印紙税を納めなければなりません。しかし、紙媒体ではなく電子定款として作成した場合は4万円の印紙税は不要となります。したがって、紙媒体で作るより会社設立費用の節減をはかることができます。その一方、電子データで定款認証を受けるためには、専用の作成ソフトを用意したり、法律で定められた電子証明書を取得する必要があります。

これらの環境を新規で用意することになると、その費用が前述の印紙税代より高くなってしまう可能性があり、これが電子定款のデメリットとなる場合があるでしょう。このため、電子定款を作成するにあたっては、すでに作成環境が整っている司法書士などの専門家に依頼し、作成料を支払ったほうが経費節減につながります。また、書類作成の不備などで手続きが滞る心配もないので、専門家に任せるほうが現実的ともいえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *