会社設立を代行業者に依頼するメリット

これから起業したいと考えている人や、個人事業主から法人になりたいという人は会社設立に関することを調べることから始めます。

しかし、会社設立をするためには、数々の書類や手続きが必要となり簡単ではありません。このような作業を全て会社設立の代行業者に依頼するとたくさんのメリットがあります。まず、会社設立にあたって、商号や資本金・取締役の選定などの重要事項を決めていきます。この場合、会社を設立する知識に長けた専門家に相談し的確なアドバイスを受けることができるので時間の無駄になりません。そして、多くの場合は相談だけであれば無料で行ってくれるのでリスクもありません。

会社を運営していくにあたって、定款の作成が必要となります。定款は決定した重要事項を盛り込んでいるもので、会社運営の基盤となる大切な書類です。会社の憲法のようなものにあたり、法務省に提出する設立登記書類には種類も多く個人で作成して揃えることはかなり複雑ですし時間もかかります。代行業者では書類作成を全て行ってくれるので、手間や時間の短縮につながっていきます。

書く書類作成や手続きの往路である司法書士や行政書士が在籍しています。従って、書類の準備や手続きをスムーズに行うことができますし、事業が開始するまでの期間がかなり短くて済みます。代行業者に依頼してから1週間前後で全てを終了することが多いですが、条件や揃っているものなどの場合によっては最短1日で手続きが済むこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *