会社設立時の電子定款の役目

電子定款は会社を設立する際に必要となる文書の一つです。

紙媒体による定款と同じ効力ですが、電子で作成することで4万円の収入印紙税の納付が免除されます。そのため書面ではなく電子で作成する企業が増えています。もともと文書の作成をパソコンで行うことがほとんどなので、抵抗なく利用できることも普及の一因かもしれません。この電子定款の役目は、設立する会社の規定です。どんな会社を設立するのかを文章として、書き出して誰にでもわかるようにすることが目的です。

具体的には、会社の名称になる商号、事業内容としての目的、本店の所在地、発起人の氏名と住所、発行可能な株式総数などになります。これらの内容を記載して公的に登録することで規定することができます。つまり、会社の名称などは思いつきで社長が言っているだけでは正式ではなく、定款に記載されているものでなければいけません。電子定款は、作成後に公証役場に送信され内容を認証されます。

この時に確認されるのは必要な記載があるか、記載の方法に間違いがないかなどで、名称が間違っているような場合でもそのまま認証されてしまいます。認証後に間違いを発見しても訂正することはできず、再度認証が必要になることがあります。認証費用は5万円程度かかるので、何度もやっていると費用の無駄になります。送信前にしっかりと確認することを確実にしましょう。行政書士に依頼すると間違いなく作成できるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *