電子定款を利用する手順

電子定款を利用するには、紙の定款とは異なる手順が必要になり、最初に作成に使用するソフトやツールなどを揃えます。

ワードなどのファイルをPDFに変換するソフトで署名挿入機能を持つもの、マイナンバーカードから電子証明書を読み取るICカードリーダライタを購入します。PDF変換ソフトは無料のものにはこの機能がない利用できず、これらを揃えるだけでも合計すると4万円程度なので高額です。電子証明書はそのままでは使えないので、自治体の窓口に手続きに行きますが、これは無料です。

準備ができたら電子定款の作成を行いますが、変換ソフトに電子証明書を挿入する機能は初期から備わっていないので、法務省のサイトからプラグインをダウンロードしてインストールします。作成が終わったら法務省のサイトに利用登録を行い、申請するためのソフトをダウンロードしてインストールし、これを使って電子定款を送信します。認証されたらそれで終わりではなく、公証人役場まで受け取りに行くことになりますが、記録するUSBメモリなどの電子媒体の他にも各種書類や手数料が必要になるので、忘れずに持って行きましょう。

これに対して電子定款を利用するメリットは印紙代の4万円が不要になるだけなので、得にはならないように見えます。しかし、電子定款の作成を代行している行政書士などの専門家に依頼すれば安く対応してもらえ、手続きの手間も省けます。その後のサポートをしていることもあるので、依頼を検討してみた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *