電子定款を使って節約できるが注意点もある

会社設立では、電子定款による定款作成ができます。

電子定款は、従来は紙で作っていた定款を電子媒体で作ったものです。違いはそれだけですが、コスト的にもメリットがあります。特定文書にあたる紙の定款は、公証役場で認証を受ける際に印紙を貼らなければなりません。印紙代は4万円と意外に高額です。電子定款はそれにあたらないため、この印紙を貼る必要がないため、4万円を節約することができます。ただし、注意点もあります。それは、定款作成に必要なものをそろえると、4万円を超えてしまうという点です。

ソフトウェアが大体4万円前後しますし、数千円するICカードリーダライタが必要です。すでに持っているなら節約につながりますが、持っていなければ自分でやったとしても節約でいないことになります。もちろん、ほとんど同じ値段でソフトウェアが手に入れられるので、それを別のことに使えるメリットはあるといえます。会社設立代行サービスでは、電子定款の作成をしているので、代行してもらうことが可能です。

定款だけを作ってもらえるところと、その後の登記申請まですべてやってくれるところがあります。代行サービスは料金が安いところも多く、代行してもらえば自分でソフトなどを購入して手続きをするよりもかえって安くなります。したがって、できるだけコストをかけたくないけれど、必要なものをまだ持っていない問う言う場合は、会社設立代行を利用するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *