電子定款を使って費用を抑える

定款の認証はパソコンや通信機器の発達によって電子ファイルを使用した電子定款でも行えるようになっています。

この方法では印紙代の4万円が節約できるメリットがありますが、利用する場合は自分で対応しないで専門家に依頼した方が無難です。依頼料を支払うため、節約したお金が無駄になるのではないか、という疑問がありますが、一般的には自分で対応した方が出費が大きくなり、紙媒体よりも手間が増えるデメリットがあります。電子定款を利用する際に発生する出費に署名挿入機能付きのPDF変換ソフトとマイナンバーカードの電子証明書を読み出すICカードリーダライタの2つがあります。

購入する場合は3万円以上になるソフトであり、無料のものには機能が付いていないので利用できません。電子証明書も最初から読み出せるものではなく、自治体の窓口に使えるように手続きに行く必要があります。その後も法務省のウェブサイトから署名を入れるためにプラグインや電子定款を送信するためのソフトをダウンロードするなど作業が多いです。また、インターネットで送信しても認証されたら役場に取りに行くことになります。

専門家に依頼すれば、1万円未満で作成してくれるところもあるのでソフトを購入するよりも出費を抑えられ、節約になります。料金は高くなりますが、役場に取りに行くのが面倒であれば、ここまで代行するサービスもあるので便利です。また、必要なソフトが揃っている場合も認証の前に役場に連絡して内容を確認してもらうなどの作業があるので、依頼した方が楽になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *