電子定款に必要な設備の費用

電子定款のメリットは、4万円の印紙税が不要な点です。

設立時は何かと出費が嵩むので、少しでも節約できるのはありがたいことです。この4万円は、場合によっては節約にならないことがあります。それは必要となる設備があるからです。しっかりと確認しておかないと損をすることになります。電子定款を作成するために必要なものとして、電子文書を作成するためのパソコン、個人認証サービスが利用できるICカード、ICカードから情報を読み出すためのICカードリーダライター、電子文書を改ざんできない状態に変換するためのアプリケーション、電子証明書を電子文書に埋め込むためのプラグインソフトなどがあります。

もし、電子定款のためだけにパソコンを購入するのであれば、4万円を必ず超えることになるので考え直した方が良いでしょう。ICカードは500円程度で取得できるので障害にはなりません。ICカードリーダライターは3、000円程度で家電量販店から購入することができます。電子文書を変換するためのアプリケーションが、3万円を超えることがあります。

低価格で購入することもできますが、電子証明書を埋め込むことができないことがあるため注意が必要です。もし、業務上でパソコンとアプリケーションを利用することがあれば、必要経費として考えられるので4万円の節約にメリットが出てきます。このように電子定款にするだけで4万円が節約できると言うことはないので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *