電子定款のメリットを最大限に活用する

設立時に必要な書類を電子定款にするメリットは、4万円の印紙税が不要となるため節約することができると言うことです。

ただし、実際には全てが節約できるわけではありません。電子定款にするためにいろいろな設備が必要になります。その費用が4万円を超える恐れがあることから、導入は慎重におこな必要があります。電子定款を作るためには、パソコンやアプリケーションが必要になり、それだけでも十分費用がかかることになります。もし、業務上で利用する設備で要件を満たすようであれば問題ありませんが、電子定款にするためだけに導入するのであれば意味がありません。

必要となるパソコンやアプリケーションは専用のものではないため、汎用性があります。帳簿の作成や、社内文書の作成などにも利用できるので運用計画と併せて導入を検討すると良いでしょう。もし、設備を導入することなくメリットを生かしたい時には、行政書士に依頼することを検討しましょう。定款の作成を行政書士に依頼するのであれば電子環境に対応したところにすることで、代わりに作成をお願いすることが可能です。

この場合、依頼した行政書士は代行者と言う立場になります。このように設備の新規導入がない場合や環境が整った行政書士に依頼できる場合には、4万円の節約のメリットを最大限に得ることができます。電子定款がメリットがあると言うことだけで気軽に導入することがないように、しっかりと要件を確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *