電子定款のメリットを委託費用に利用

紙で作成していた定款を電子定款に変えることで4万円の印紙税が不要になります。

ただし、必要な設備を整えるだけで4万円を超える費用がかかることがあります。それでは何のために変更するのかわかりません。導入は慎重に判断しなければいけません。そんな時におすすめなのが、環境の整った業者に作成を委託すると言うことです。4万円が不要となるため、その費用の範囲内で電子定款の作成から申請までの業務を外部委託すると言うものです。

会社の設立に慣れている人はあまりいません。何かとわからないことが多く不安になることがあります。そんな時に全体の業務を外部委託できれば安心です。この時に確認が必要なのが、委託する業者が電子定款を作成できる環境を整えていることです。委託したら対応できなくて、結局紙での定款になり、印紙税が必要になったなったら意味がありません。業者を選択する時には、何社かに見積もりをもらって比較しましょう。

節約した費用の範囲内で最大限にサポートを受けられるところを選びましょう。たまに費用がかからずに無料で対応してくれるところもありますが、条件として顧問契約を必要とすることがあります。特に会社設立の要件ではないため、運用していく上で必要であれば契約をしても良いと思います。必要となる費用を総合的に判断して、損がないように検討しましょう。重要なことは節約した費用を利用して面倒な手続きを外部に委託すると言うことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *